視力検査衰弱♪

投稿日時

2021/03/12 20:33

最終更新

2021/03/12 21:50

想定プレイ時間

3分程度

閲覧数

100

評価数(旧)

0

評価数

0

コメント数

0

このゲームはPC以外では動かない可能性が高いです
それでも開いてみる

スポンサーリンク

ゲーム情報

操作方法

【操作方法】キーボードまたはマウス
◇ゲーム中
・キーボードで遊ぶ場合
 [←][→][↑][↓] 赤い矢印を動かす
 [SPACE]矢印が指しているカードをめくる
・マウスで遊ぶ場合
 カードの画像をクリック そのカードをめくる
・共通
 [Esc]ゲームをやめてタイトル画面に戻る
◇開始前
 [←][→]先攻、後攻、回転を選択
 [↑][↓]プレイヤー、コンピュータ、回転の頻度を選択
 [SPACE]ゲーム開始
【遊び方】
・ゲームが始まると、画面に16枚のカードが表示されますにゃ。
・カードの内訳は…
 ・8方向のランドルト環のうち7種類×2枚
 ・残り1種類×1枚
 ・シャッフルカード×1枚ですにゃ。
・基本ルールは、普通の神経衰弱とおなじですにゃ。
 ・自分の番になったら、カードを2枚選んでめくりますにゃ。
 ・2枚のカードが揃ったら、そのカードを取ったことになって、1点が加算されて、また自分の番になりますにゃ。
 ・2枚のカードが揃わにゃかったら、そのカードを裏返しにして、相手と交代ですにゃ。
・ここからは、普通の神経衰弱とちょっと違いますにゃ。
 ・開始前に選択した頻度(8回に1回~毎回)ごとに、裏返しになっているカードが時計回りに90度回転しますにゃ。
  →裏返しの状態で時計回りですから、そのカードをめくると、元の状態から反時計回りに90度回転していますにゃ。
 ・シャッフルカードをめくると、それが1枚目でも2枚目でも、その時点で「はずれ」扱いになりますにゃ。
  →場に残っているカードの位置がシャッフル(向きはそのまま)されて、相手の番になりますにゃ。
 ・合計7回揃って、14枚のカードが取られると、ゲーム終了ですにゃ。
 ・最終的に、シャッフルカードと最初から1枚しかにゃかったカード、合計2枚が場に残ることになりますにゃ。
・得点の多いほうが「かち」ですにゃ。

紹介文

視力検査のランドルト環の絵が描いてあるカードを使う神経衰弱ですにゃ。カードは16枚しかにゃくて、そのうちの2枚は揃いませんから、7回揃ったら終わりで、たまにカードが回転するだけの簡単なゲームですにゃ(邪笑)コンピュータのレベルは4段階で、人間同士でも遊べますにゃ。
※第18回Unity1week「回」オープン参加作品ですにゃ。
※実況プレイ、動画配信、その他これらに類することは、ご遠慮いただきますようお願いいたしますにゃ。
※コメントは読みませんにゃ。評価はなるべく付けにゃいでくださいにゃ。

URL、ゲームタイトル、作者名(コピー用)

評価する

みんなの評価

コメント

コメントを残すには、ログインが必要です。新規ユーザー登録 / ログイン

スポンサーリンク

同じ作者のゲーム

スポンサーリンク